プロフィール

marron

Author:marron
marron という鬱病+社交不安障害者♂が、病と向き合いながら一般就労を目指して頑張る毎日をつづるブログです!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます♪

現在のご訪問者さま数♪

最新コメント

clover-clock

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

にほんブログ村へGO!

人気ブログランキングへGO!

’ワイルド チャイルド’エンヤ♪

私のおすすめミュージック♪

楽天のおすすめ♪

FC2のおすすめ♪

おすすめアンケートサイト♪

マクロミルへ登録

美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

にほんブログ村ランキング

人気ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペン習字が上達しない!

いつも、ご訪問、ありがとうございます!。今日は、デイケアへ行ってきました。今回のブログはデイケアで続けているペン習字について紹介したいと思います。

ペン習字と聞いて、皆様、どう思われますか?。『えぇ~!、小中学校でやっていたアレ?』だとか、『書道教室みたいで、スゴイ!』なんて反応がかえって来そうな予感がする私ですが…。実を言うと、今、挙げた例えは間違ってはいないのです。つまり、月々に変わるお題(お手本)をボールペンを使って楷書もしくは行書で硬筆用紙に書いて、それを書道の先生(実は受付担当の人だったりします)に添削してもらいながら、より良き一枚を選択していただいて県書道教育連盟へ提出し、レベルを判定していただくというものなのです。ちなみに、レベルは10級から5段くらいまであります。

私がデイケアへ通い始めてから、はや4年。地道に昇級を重ねて現在2級に到達していますが、ここ半年ほど、’’不動の2級’’と化しています(T_T) 伸び悩む理由は正直、分かりません。強いて言えば、やはり、手(指)の震えが原因でしょうか?。払いとか止めなどが震えで微妙にブレてしまうのです。その度に私は『あ~!また失敗した~!』と心の中で、時には声に出して叫んでいます…。いったい、どうしたら、いつになったら、私は1級に上がれるのか?。

今日もデイケアの自由時間に2枚書いてみましたが、自分でも満足できる出来ではありませんでした。後からやってきた他の利用者 M さんはいつの間にやら、この私を抜き去っています… orz

のんびり屋の私でも焦らずにはいられません!こういう時も、私はエンヤに癒されたいと思いますので、ここで1曲。



さて、気分も一新し、また明日です。『どうか、こんな私に皆様の温かい応援を…!m(__)m』
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

玉三郎ちゃんと呼ばれて…②

今日も、昨日の入院生活時の話の続きをしたいと思います。

患者の O さんと出会って次の日、デイルームで朝の薬を飲み終えた後、再び O さんが傍にやってきて、「なぁなぁ、朝刊見たかい?。載ってるで、坂東玉三郎!」と新聞を私に見せました。「へぇ~、初めて見ました」と私が能天気に答えると、 O さんは「この人、人間国宝やで。それに世界中で活躍してはる人なんやで!」と説明してくれました。『そ、そんな有名人だったんだ…(゜o゜)』と私は、ここで自分の世間無知ぶりを思い知らされ、大恥をかいた気分になってしまいました。

そんな私の心の動揺を知って知らずか、 O さんは「あんたも、玉三郎みたいに女形になってみたら、そりゃあ物凄い美人になるんと違うかい。ねぇ?」と言って、他の患者さんにも相槌を促しています。「うん。そうや、そうや」と声が上がる中、私は「いぇいぇ、とんでもないですよ」と愛想笑いをしながら、心の中で叫んでいました。『もう、止めて~。恥ずかしい…!』

こんなお茶目な O さんですが、この日の後も私に声をかけて「今日は調子はどうな?」とか「ご飯、全部食べた?」だとか色々と気遣いをしてくれ、ある日などは、こっそり私に高級和菓子を渡してくれた時もありました。さらに、私が病棟内での人間関係に悩み、再び体調を崩した時には、「ご飯が進まへんなら、これだけでも飲んでみ。私もこれで元気になったんやから」とテルミールという栄養補助食品を教えてくれ、実際に私も主治医に頼んで出してもらうことが出来たことがありました。

そんな O さんも、いよいよ退院の日が来ました。別れ際、「玉三郎ちゃん。あんたが元気になるところを見たかったのが、ホンマに残念や。先生や看護師さんの言うとおりにしてたら、きっと病気も治るさかい。私が言うのやから、間違いない!」と私を励ましてくれました。私も「今まで本当に、お世話になりました。どうか、お元気で…!」と涙をこらえて見送ったのを覚えています。
『 O さん。あなたのおかげで、今の私は元気にしています。ありがとう…!』

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

玉三郎ちゃんと呼ばれて…

今日は、私が2回目に入院した時の話を紹介したいと思います。

2回目の入院時は1回目と違い、措置入院だったので、当初は保護観察室へ入れられた上に家族との面会すらも許されない状況でした。便器と手洗いしかない保護観察室から出られるのは週2回の入浴時のみで、それも介助という名の看護師さんの監視付きでした。一日がひどく長く感じられ、カメラで監視されていると思えば、思うように行動できない中、フローリングの上に直接に敷かれた布団の上で大人しく過ごすしかありませんでした。

けれども、日を重ねるごとに時間感覚が怪しくなってきました。『今日は○月の何日、何曜日だっけ…?』と必死に、脳内カレンダーを忘れないように頑張っていたのを思い出します。そんな、独房(患者さんの間での通称です)から出られたのは、約1週間後くらいでした。「ここから、出して下さい!」という私の主治医への直訴が通った結果でした。

すると、今度は一転、個室ながらも施錠されない部屋へ転室となり、他の患者さん達と一緒に生活するようになりました。自由を得た代償として、今度は様々な患者さんの喧騒の中に放り出されることになったのです。鬱病に加え、社交不安障害がひどくなっていた当時の私にとって、病室の扉の向こうは不安だらけの世界で、せっかく得た自由も自室の中でしか楽しめませんでした。けれども、朝・昼・夕・晩の薬の時間は、否応なくデイルームへ出て行かざるを得ません。ここで、名前を確認され看護師さんが見ている前で服用しなければダメだからです。

しぶしぶ、デイルームへ通う内に、私はある年配の患者さんから声をかけられました。「あんた最近、来た人やね。前と比べて少し元気になったんと違う?」と…。私が返答に窮していると、「肌がきれいやねぇ。まるで、玉三郎にソックリや。そうだ、あんた。歌舞伎の坂東玉三郎って知ってるかい?」と聞かれました。歌舞伎役者に詳しくない私はタマサブローが何者なのかも分からず、「すみません、知らないです…」と正直に答えると「え?、知らない!。まぁ、あんた若いからねぇ…!」とビックリされ、あげくに「あんたのこと、これから玉三郎ちゃんと呼ぶわ!何かあったら、私に相談したらえぇから!」といって、その患者さんは私から離れていきました。これが、患者の O さんとの出会いでした。続く…(^^)/

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

『龍馬伝』が面白い!

今年のNHK大河ドラマは『花燃ゆ』ですね。

基本的に幕末ものが好きな私は子供の頃から『徳川慶喜』、『新選組!』、『篤姫』、『龍馬伝』、『八重の桜』と観続けてきたのですが、今年の大河に限っては全然、観てません…。家族が裏番組を観ていることもありますが、何より主人公が分からないという点が大きいです。天璋院篤姫や新島八重も放送前では知名度が低かったと思いますが、今年の杉文(楫取美和子)に至っては『誰?』という方が多かったのではないでしょうか? (『花燃ゆ』ファンの皆様、すみません! m(__)m )

そういう意味でも、私が一押しするのは5年前の大河ドラマ『龍馬伝』です。坂本龍馬を知らない日本人はいないんじゃないですか? (再び、『花燃ゆ』ファンの皆様、すみません! m(__)m )
『龍馬伝』も史実の話とドラマの内容がかけ離れているとか、色々と問題にされましたが、私は作品としては完成度が高かったと思います。主演の福山雅治さんはドラマ最終盤頃にはホントの坂本龍馬かと見紛うばかりの熱演ぶりでしたし、周りを固めるキャストも、香川照之さん、真木よう子さん、などと実力派俳優がそろい、伊勢谷友介さん演じる高杉晋作もハマっていたと思います。大友啓史さんの演出も効果的で、リサ・ジェラルドさんが歌うオープニング曲などを手掛けた佐藤直紀さんの音楽もストーリーに非常にマッチしていました。

一番、印象に残っているシーンは、脱藩を決意した龍馬に家族が思い思いの品を託し、姉の乙女(寺島しのぶさん)が龍馬に旅の無事と心構えを説くシーンですね。家族の想いにむせび泣きながら、一人一人の名を口にして「ごめんちゃ」と独り謝る龍馬のバックで『想望』という曲が流れるのですが、これがまた、シーンと非常にシンクロしていて、思わず涙があふれました。



龍馬が暗殺される、最後のシーンでも流れていたと思います。幕末を駆け抜けた風雲児・坂本龍馬を見事に描ききった『龍馬伝』、良かったら皆様もご覧になってみてください(^^)/

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

どうにか、ならぬか私の指!

私には、社交不安障害の症状として?指の震えがあります。

この震えは病状の程度と比例しているようで、私が経験した2度の入院時には両手の指が激しく震えるあまり、食事の際には箸を使うことが出来ず、お茶碗を口元に持って行ってスプーンで押し込むという食べ方を余儀なくされました。

病状が落ち着いた今でも、指の震えは治まっていません。自宅のマイルームで一人でいてる時も、両手の薬指と小指が特に震えています。ですので、人前で緊張しているときは、なおさらに震えることになります。ここで、困るのが買い物をしてお金を支払う時や、サインを求められた時です。

指が震えるあまりに、お金を取り出すのにもたついたり、名前を書くにしても字が乱れてしまいます。その度、「すみません」と赤恥をかきながら店員さん達に謝らなければ、なりません(>_<)

そこで、私は買い物をする時はなるべく、ICカードで支払うようにしています。これだと、支払いはカードを見せてリーダーにタッチするだけで済みますから(^_^)v

世の中が便利になったおかげで大いに助かっている私。『後は、声で字が書けたらいいのにな~(^.^)』

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

エンヤに癒される

私が一番好きな洋楽アーティストはエンヤです。

エンヤとの出会いは、大学時代に学内の廊下で学生がCDラジカセで流していた曲を耳にした時です。それまで、聞いたことのない独特の旋律と歌声に、思わず立ち聴きしてしまった私でした。『なんだろう、この歌。曲名が知りたいな~』と思った私ですが、ラジカセ(これも懐かしい響きですね)をかけている見知らぬ学生に声をかけることも出来ず、立ち去るしかありませんでした(泣)。今にして思えば、これも社交不安障害の一例だったのでしょう。

その後、大学を卒業したものの就職浪人となり、年月を過ごしたある時、自宅のラジオから流れてくる歌声にハッとしました。そうです、私が学生の時に聴いたあの歌声にそっくりだったのです。曲は違いますが、歌手は間違いないと確信した私は、ラジオのDJが曲の終わりに紹介する声に集中しました。すると、「エンヤ」という名前が聞こえました。『エンヤ…。エンヤという歌手なんだ!』と、あの時以来のモヤモヤが一気に吹き飛びました。

それから間もなく、所用で訪れた家電量販店のCDコーナーへ足を運んだ私は、エンヤのCDを探して回りました。すると、’’Paint the Sky with Stars’’というベストアルバムが売られているのに目が留まりました。『やったぁ!これでいい!』と迷わず手にして買い求めた私でした。

自宅で早速、聴いてみるとどの曲も素晴らしく、どこかで耳にしたような曲ばかりで驚きました。聴き続けていると、学生の時に聴いた、あの曲が流れてきました。実に8年ぶりの再会です。『曲名は…?』と思い、ケースを見てみると’’Anywhere Is’’と記されていました。『変わった曲名だけど、いい詩だなぁ』と思いました。

それ以来、すっかりエンヤ好きになった私は、鬱病を発病してからも、エンヤの歌声とメロディーに随分と癒されてきました。エンヤの曲は、どれも好きですが、今の私のお勧めベスト3は’’Wild Child’’、’’Flora's Secret’’、’’Dreams Are More Precious’’です。




良かったら訪問者さまも聴いてみてください。きっと、気に入って頂けると思います♪

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

コストコへ行って驚いた!

今日のデイケアは、グループ参加(希望者のみ)の外出レクリエーションでした。そこで、今日、体験した一部始終を皆様に紹介させて頂きます。

目的地は隣県の、とある大型商業施設です。ここで、外食とショッピングをすることになり、車2台にスタッフさん、メンバーさんが分乗して一路、高速を走って到着。まずは、腹ごしらえ、ということで皆でフードコートへ移動し、座席を確保した後、各々が食べたいメニューを求めて各ショップへ。

私は迷った末に、某中華チェーン店で五目炒飯のみをオーダー(¥480)。呼び出しベルを渡され、座席に戻った直後にベルが鳴りだし、店へUターンするはめに。なにはともあれ、他のスタッフさんやメンバーさんが3品ほどのセットメニューやパンケーキを食べている中、一番早く食べ終えた私は、予定通りの行動に移るために座席を後に…。そうです、『食後は、やっぱり、デザートだよね!』とばかりに、私は某アイスクリームチェーン店へ直行(笑)。昼食を単品にしたのは胃袋を空けておくためだったのです!

こうして、やってきたアイスショップ。実を言うと、この店に来るのは初めてだったりします。しかも、店は空いていて先客は一人だけという状況。例の作戦は使い難い中、『ま、いいや。何とかなるさ!』と、アドリブでオーダーをすることに。お客が私の他に一人だけという余裕からか親切に説明してくれる店員さんのおかげで、レギュラーダブル(バニラ&抹茶)のワッフルコーンのオーダーに成功(¥640)。こうして、ほくほく顔で元の座席に戻ると、次から次へと伸びてくるメンバーさん達の味見の手!やや引きつつも、おすそ分けに応じ、「おいしい!」と喜んでくれる皆の顔を見て、笑顔になる私でした。

昼食を終えると、集合場所を決めて各自の自由行動へ。私はスタッフの Y さんとメンバーの K さんとともに、隣接する’’コストコ’’なる大型商業施設へ。なんでも、ここは会員制(年会費¥4340)のショッピングセンターで、入口に店員さんが立って会員証を確認する厳重さ…。中はとてつもなく広く、ショッピングカートもホームセンターで見かけるような大型の物しかありません。すでに会員であるスタッフさんによれば、レジ袋も出ないとのこと。「どうやって、持って帰るの?」と尋ねれば、「カバンか、手に持って帰る」と。それはそうだろうけど…。店の商品の大きさと言ったら半端ない!何もかもがアメリカンなサイズなんです。一例として、ロールパン一袋に25個が普通に入っていたりします。けれども、お値打ち価格で、妙に納得したりします。こうして、ショッピングを済ませ、店を後にしようとすると、出入口で再び’’検問’’が…。今度はレシートを提示しなければ出られないようです。まさに、驚きの連続…。

色々な初体験をした今日のレク。さすがに、歩き疲れたのか帰りの車中、私はグッタリでした。スタッフさんの好意で自宅まで送って頂いた私は幸せ者です…!
『明後日のデイケアも頑張るぞ!』

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

今日は疲れたよ~

今日は、デイケアへ行ってきました。
すると、久しぶりに Y さんが来てるではないですか。実は marron にとって、この Y さんは友人でありながら苦手な人でもあるのです。今日は、デイケアでの一日について少し紹介したいと思います。

朝、デイケアに着き、靴箱へ自分の靴をしまっていると、背後から聞き覚えのある野太い声が…。「おぅ、marron ちゃん。頭文字Dの覚醒(DVD)、持って来たぞッ 机の上に置いてある!」。振り返ると、 Y さんが立っていました。「あ。どうも!」と、驚きつつ言葉少なに返事する私…。

話はさかのぼりますが、少し前に Y さんがデイケア内で起こした騒動をきっかけに、 Y さんとの友人関係に一時、ヒビが入りました。そして、それ以来、彼とは距離を取って疎遠になっていました。けれども、Y さんはその前に交わしていた約束(DVDの件)を忘れていず、律儀に持って来てくれていたのです。

それから、朝のミーティングを終え、午前中のプログラムである、レンタルビデオ店への外出へ。私と Y さんも一緒です。取り敢えず、私は先週から借りていた『龍馬伝』を返却した後、引き続いて観たいDVDを探すことに。少し悩みましたが、放送時期が私の2回目の入院時期と重なり、観ることが出来なかった『半沢直樹』をレンタルすることに。 Y さんは目的のDVDが無かったため何も借りず、こうして、店を後にしました。

デイケアへ帰り、昼食を食べた後、午後からのプログラムであるタオル折り作業が始まりました。これを終えると、 Y さんのマシンガントークが開始!声が大きいのも重なって私は相手するだけでも、精一杯の状態…(泣)。スタッフさんから「しんどくなったら、声をかけて。その場を離れることも出来るから」と助言を受けていたのですが、そのタイミングを取る暇さえ与えない彼の話に「 Y さん、うるさすぎ~。もっと、小さい声で喋って!」とデイケア中からブーイングの嵐が…。

一方の私はというと、もう、ヘロヘロの状態。「DVDケース、買うって言ってなかったか? marron ちゃん」と Y さんからデイケア帰りに近くの家電量販店へ寄ることを誘われても、正直、その気力も無かった私は「ゴメン。今日はいいよ。また今度行こう」と、さすがに断ったのでした。

一足先に Y さんが帰り、急に静かになったデイケアで、スタッフさんから改めて先ほどの助言を受けた私は、『わかってるけどなぁ…』と頭を抱えることに。『根はいい人なんだけど。 Y さん… 疲れるわぁ~(沈)』。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

遠くの友人からの便り

つい先日、私が入院していた時(1回目)に知り合った患者さんから手紙が届きました。

封を開くと、ごく最近にグループホームに転居してデイケアへ通いながら独り立ちを目指していることや、田舎で畑付の物件をさがして健常者や障害者がともに同じ時を楽しく過ごせるコミュニティをつくりたいとの夢が便箋2枚に記されていました。
「marron さんは夢や、やりたいと思っていることはありますか?」と尋ねつつ、仲間を思いやる気持ちを伝えながら締めくくっている手紙を読み終えた私は、『 E さん、元気で頑張っているんだ…!』と安堵しつつ、こんな私のことを覚えていてくれている E さんの優しさに、思わず涙がこぼれました。

思い返せば、E さんとの出会いは閉鎖病棟の中でした。力なくうつむきながら辛そうに廊下を歩く E さんの姿を見て心配になった私が「大丈夫?」と聞いたのが始まりです。「うん、大丈夫。…ありがとう」と小さな声で答えて再びトボトボと病室へ去っていく姿に、自分の辛さも忘れて心が痛みました。

それから数日後、デイルームで朝刊を読めるまでに回復した私に声をかけてくる患者さんがいました。そう、あの E さんです。あの時とは打って変わり、元気いっぱいの声で「ねぇ、新聞読んでるの?。良かったら、この本読んでみて。とってもいいお話がたくさん載ってて、私、すごく感動したの!」と言って、私に’’涙が出るほどいい話’’という本を預けていきました。

こうして、次第に仲良くなった私たちは病棟内での会話はもちろん、トランプなどのカードゲームやテレビ鑑賞、病棟内での手紙のやり取りなど楽しむようになりました。2人とも退院した今でも、手紙のやり取りだけは続いています。

『 E さん、ありがとう。私も、就労目指して頑張るから…!』。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

ブログ画面が崩壊~!

今日は昼から、ブログのメンテを行っていると、なぜか…ブログ画面が崩壊してしまいました(愕)。

『えぇ~!な、何で!』と思わず、パニクってしまった私。画面が文字通り、横広に崩れてしまっているのです。テンプレートがおかしくなっていることは確かだったので、とりあえず、いじったHTML部分を元に戻して、再度確認してみるも依然として崩壊状態…(泣)。
ここは仕方なく、気に入っていた’’hitode’’のテンプレを’’fresh green’’に変更。こうして、画面崩壊は復旧したものの、『やっぱり、このテンプレ…しっくりこない!』と、未練たらたらで’’hitode’’のテンプレを何とか復活できないものかと色々と模索してみました。

しかし、新たにダウンロードして貼り付けても続く画面崩壊…。いい加減、疲れの色が出始めた矢先、なんということでしょう。突然、私の’’hitode’’テンプレが生き返ったのです。『やった、直ったよ~!』と、私は心の中でガッツポーズ。理由はわかりませんが、諦めずに作業を続けた私に幸運の女神様が微笑んでくれた瞬間でした♪

『この青い海と空。帰ってきてくれて、ホントよかった~!』と私。これからも、ヨロシクです!

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。